Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援お願いします(^^)↓

天才ファミリー・カンパニー

こんにちは、文学です。

さて、1週間経過しました。

この1週間で特筆すべきは、松坂KO・・・
ぐらいですかね。

前回アップした直後、三浦被告自殺の
ニュースがありましたが、ノーコメントです。

で、今回は漫画の「天才ファミリー・カンパニー」です。

ツタヤの半額セールが11月上旬までなので、
このサービス期間、できるだけ気になる本は
読んでいこうかと・・・

1日5冊ペースで読んでますが、
流石にこれはという漫画には出会えませんね。

で、タイトルなんですが、このブログでも
過去に書いた「のだめカンターピレ」と同じ
作者、二ノ宮和子原作です。

で、こちらも、のだめと同じく、天才と変態?の
駆け引きなどが、笑いの原動力となっています。

のだめの千秋と同じく、主人公の夏木は天才で、
千秋の音楽を夏木のビジネスに置き換えると
全く同じでしょう。

この作者の凄いところは、音楽やビジネスなど
非常にマイナーで分かり辛い分野を
独特のユーモアで、さらりと書くところにあります。

ビジネスと言えば、大きく分けて、「ナニワ金融道」や
金と銀」などの身近なジャンルや、
サラリーマン金太郎」や、その他ビジネスジャンプ
などに書かれている、世界を相手にした
桁違いにスケールの大きいジャンルに
分けられます。

「天才・・・」は、後者のスケールの大きい方に
分類されますが、このジャンルでは、この漫画が
NO1でしょうね。

「サラ金」もそうですが、このジャンルの漫画の
殆どがリアリティゼロで、特に最近読んだ
「サラ金」では、私がやっているFXがテーマですが
これって本職の外為ディーラー?って
疑問符がつくぐらい、リアリティが・・・

更にアメリカの一投資家の仕掛けで
日本国債破たんする危機に直面し、
金太郎がそれを阻止する・・・
これじゃ、ウルトラマン仮面ライダーですよ。

これも私のFXブログで書いたんですが、
そもそも日本国債の格付けが低いって言ったって
S&Pその他、アメリカの一民間企業の格付けで
こいつらがどれだけ適当に格付けしているかと
いうと、あれだけ世界を騒がした詐欺まがいの
サブプライムに最上級のAAAつけていた事実だけで
わかりそうなもんなんですけどね。

こいつら最近もアメリカの車会社の格付け下げて
ダウ平均下げましたが、ちょっとでも経済
知っていれば、今年7月までの原油高騰で、
大型車主力のアメリカの車会社が経営悪化
(代わりに低燃費の日本車は、例えばトヨタ何か
営業利益で2兆円・・・!)で、更にアメリカの
住宅バブル崩壊で、益々経営状態が悪くなる
・・・なんてこと、誰でもわかってる事なんですよ。

それを只でさえ世界的金融危機に直面している
まっただ中、格付け引き下げを自慢げに発表・・・

世界不況の肩棒担いだって自覚が全く
無いんだから、馬鹿につける薬なし・・・

確かに日本の国債は、洒落にならないほど
膨大ですが、日本はそれを上回る
個人金融資産があります。

更にアメリカと違い、国債の引受を外国に
頼らず、殆ど自国で処理しています。

何をどうやったら、日本国債が破たんするのか?
フィクションとはいえ理解に苦しむんですよね。

ちょっと「サラ金」こきおろし過ぎましたが、
最近あまりにもストーリーが出鱈目なので・・・

で、「天才・・・」も、所詮フィクションなので、
台湾マフィア辺りは、リアリティがちょっと・・・

でも、充分許容範囲で、経済漫画として
十分成立しています。

一応お勧めしておきます。

では、また来週♪

応援お願いします(^^)↓
スポンサーサイト

ごぶさたです。

こんにちは、文学です。

どうも、ご無沙汰しております。

もう一つのブログで、FXやっているんですが、
こっちの方がもう、てんやわんや(死語^^)で・・・

連日ニュースでもやってますが、アメリカの
金融危機が、世界中に飛び火して、
日本でも日経平均が大きくさげるなど、
もう恐慌寸前のレベルまできておりまして・・・

で、頭に思いつくのは、外国為替と経済ばかりで
それ以外のネタ、思いつかないんですよ・・・

既に中堅保険会社の大和生命が破産するなど
私たちの生活を脅かし始めているんですね。

このブログでは、経済以外の事、書きたいと
思っているので、まあ、ご勘弁を・・・

しかし、最後の記事が中山外相辞任とは・・・

で、話は変わりますが、メジャーリーグ
松坂に注目しています。

その松坂、本日リーグ優勝決定シリーズで、
先発・8回途中まで4安打・9奪三振・無失点
・・・やってくれました(^^)

昨年が契約金の割には不甲斐ない成績だっただけに
今季、ここまでの成績は、充分及第点でしょう。

次に将棋の羽生名人ですが、
王位戦は3勝4敗で奪取ならずで、
今季7冠は実現不可能となりました。

代わりに王座戦は3-0のストレートで防衛。
羽生名人、王座戦では無敵の強さを発揮します。

そして棋王戦挑戦者決定トーナメントは
1回戦シード後の初戦で敗退・・・

棋王戦は渡辺竜王に頑張ってもらいたいです。

その渡辺竜王と、互いに永世位を賭けた
竜王戦が、来週18日からパリで第1戦。
・・・非常に楽しみです(^^)

で、それ以外では、相変わらずブックオフで
35円の漫画本読んでますが、これといって
人に勧められるほどのヒットは無いですね・・・

図書館で借りた「金持ち父さんのキャッシュフロー・
クワドラント」は、面白かったです。

でも、これの感想書くと、やっぱり経済
なっちゃうんですよね。

でも、面白かったです。 本当は「金持ち父さん・
貧乏父さん」の続編なのですが、田舎
図書館なので、常に貸し出し中なんですね。

しかし私は、ある程度、会計と経済の知識が
あるので、楽に読みこなせました。

そして、出来ればこの本とは、私が20代の時に
出会いたかったと思います。

尤も初版が2001年ですし、その前の本も多分、
2000年あたりに発行されていますから、
その時の私は、もう30半ばの中年でしたので
20代に出会うのは物理的に無理でしたが・・・

今、20代でネット難民でなく、正社員として
お勤めのサラリーマンの方や、自営を営んでいる方は
必読の書かと思いますよ。

もし、この本を読んで内容が理解できない方には、
以下の事を勧めます。

まず、簿記の最低限の基礎知識だけ
勉強して、貸借対照表損益計算書だけは
理解して下さい。

これは全然難しくありません
できれば、このレベルで本を読んだほうが、
理解度が高いと思います。

多分、ネットでググるだけで、
解り易く説明してくれているホームページが
見つかると思います。

コメントいただければ、私がアップしても
構いません(^^)

そして、どぶに捨てたつもりで、5~10万円の
お金をFXに投資してみてください。

5~10万円で買える株は結構あります。

牛丼の「すき屋」のゼンショーなんか、
楽勝で買えます(^^)

FXの場合、どの通貨でも結構ですが、
1000通貨だけ、買ってみてください。

すると、嫌でも経済ニュースに敏感
なります(^^)

そして、もう一度、本を読み返してみてください。

作者や私が言いたかった事が、スンナリ
理解できると思います。

では、また。

応援お願いします(^^)↓

中山国交相

こんにちは、文学です。

やや古いニュースですが
中山国交相辞任・・・です。

私は政治には殆ど興味ないので、ニュースも
聞き逃してたのですが、1週間持たずに
もう辞任ですか・・・

で、辞任理由が「問題発言」ですが、
新聞を読んでみると、これが物凄い(^^;

まず、日教組に思いっきりかみついてます。

続いて日本単一民族発言ですが、
確か中曽根元首相が、似たような発言してますが、
どうも趣旨が違うような・・・

更に成田空港発言ですが、何で今更
成田空港なのか?・・・

で、共通しているテーマが、教育が悪いで、
教育が悪いから外人を好まない・・・
教育が悪いから空港拡張ができなかった・・・
で、その元凶が日教組だ・・・が、
中山氏の発言の趣旨ですか・・・

で、日教組ですが、これがどういう組織なのか
勉強不足の私には分かりません・・・

ただ、悪い風評があるのも事実らしく、
政治家の中には、公の場で口にしないだけで、
中山氏のように、日本がおかしくなったのは
日教組のせいだ・・・と、思っている人が
結構いるかと思うんですよね。

さて問題は、中山氏は大臣職についたとたん、
何故急に日教組に噛みついたのか?・・・です。

これについて、私なりに3つの仮説をたてました。

その1、中山氏は、どうしても
日教組を潰したかった

大臣が日教組について問題提起することにより、
日教組について無関心だった国民に
興味を持たせる・・・です。

これは、当然、大臣職辞任は勿論、
自身の政治生命すら賭けて、日教組と
刺し違える・・・で、これが事実とすれば
趣旨は兎も角、自身の信念を通した訳で、
政治家としては非常に立派かと・・・

でも、多分違うと思いますが(^^)

その2 中山氏は日教組発言が
問題発言になるとは全然思っていなかった・・・

だとすると、中山氏は政治家としてではなく、
一社会人としても、只の馬鹿・・・ですね。

まあ、もしそうなら、発言を撤回して、
大臣職に固持するはずなので、
これもないかと・・・

でも、本当に馬鹿だったら・・・(^^)

その3 実は中山氏は民主党と結託していた。

これは、今回の件で、誰が一番得したか・・・です。

一番打撃を受けたのは、もちろん自民党で、
一番得したのが、民主党です。

民主党が中山氏の弱みを握って脅したか
金を渡して・・・・
あるいは自民党の反麻生派が・・・
は、考えすぎですね(^^)

あくまで個人的な意見ですが、
その1とその2を足して2で割ったのが、
事の真相じゃないかと思っております。

では、また。

応援お願いします(^^)↓

のだめとデスノート

こんにちは、文学です。

今から2年前、結構大きな病気をしました。

まあ、40過ぎれば、どっかしらおかしくなりますね。

で、退院後、暫く自宅療養でした。

いくらなんでも退屈なので、HD付きDVDビデオ
なるものを、家電量販店で、初めて購入しました。

これが、ヒットです♪

それまで、アナログ人間の代表らしく、
録画媒体はVHSビデオしか知らなかったんですね。

とりあえず録画して、見たら消す・・・
こういう使い方の人間は、迷わずHD買うべきですね。

で、何を見るかというと・・・
将棋のNHK杯以外、特に無し・・・

で、TVガイドを必死に見ると、深夜番組に
のだめカンターピレ」と「デスノート」が・・・

のだめは、趣味のサイトのマリオさんが、
TVドラマで面白かったとの記事が・・・

デスノートは、当時映画で相当な話題作・・・

とりあえず、録画して、つまらなければ
見なけりゃ良いと、録画予約しました。

で、デスノートですが、第1話から
引きずり込まれました(^^)

作画は「ヒカルの碁」の、漫画というより
イラストのような、劇画タッチ・・・

ストーリーは、上質なサスペンス風で、
これは話題作に恥じない作品です。

しかし、テンションが上がるのは、ヒロインが
登場するまでで、その後、ライバルが死ぬまでは
何とか見れたんですが、その後が・・・

それと正反対なのが、のだめでした。

最初の3回までが、見るのが苦痛で・・・

次見て、つまんなければ、試聴中止と決めた
第4回が、ターニングポイントでした。

シュトレーゼマン(ドラマでは、
竹中直人・・・って、おい^^;)登場で、一気に
ボルテージがあがります。

それから、毎週金曜日が待ち遠しくて
仕方がないくらい、のだめにハマりました。

40過ぎの中年男をアニメに夢中にさせる
(しかも原作は少女漫画!)破壊力のある
作品でした。

半年で、放送は終わったのですが、続きが気になって
原作まで購入し、今も購読中です(^^)

・・・って、来月9日から続編が↓
のだめカンターピレ

で、漫画原作の場合、ドラマもアニメも、
やっぱり原作の方が面白いのですが、
(映画やドラマの場合、登場人物の名前だけ
同じにして、ストーリーを全然別物にするから)
この作品に限っては、アニメの方が良いです。

メインテーマの音楽が、漫画ではどうしても
再現できないからです。

原作の世界を損なわず、面白さを再現し、
音楽で更に面白さを増す・・・

この企みは、「はじめの一歩」(やはり、原作の
面白さを再現するだけでなく、デンプシーロールの
ような漫画では限界の動きをアニメで表現)以来、
成功したパターンかなと・・・

いやー、来月からの楽しみが増えました(^^)

では、また。

応援お願いします(^^)↓

深浦王位防衛

こんにちは、文学です。

先ほど、将棋王位戦第7局で、深浦王位が
羽生名人を下し、見事防衛を果たしました。

最後まで熱戦で、終盤私のようなど素人には、
羽生名人の完勝かと思ったのですが、
深浦王位が見事、守り切りました。

これで、今季羽生名人の、再7冠達成は、
不発と終わりました。

まあ、このブログでも前に書いたんですが、
今季7冠は、理論上ありえても、現実には
王位→奪取
王座→防衛
竜王→奪取
棋王→奪取・・・で、
まあ、無理とは思ってたんですが・・・

特に今回、最終戦までもつれた王位戦ですが、
当初1勝3敗で、あっという間に
カド番に追い込まれていたので・・・

でも、羽生名人のこと、竜王戦挑戦者までの
ような、怒涛の逆転劇があるかなと・・・

まあ、奇跡はそうそうおきません(^^)

これで、王位まで取ったら、将棋界が
マンガになってしまいます。

棋王戦なんか、挑戦者にすらなって
いませんからね(^^)

とりあえず、上記に記載したタイトルのうち、
今季、一番重要なのは、竜王戦です。

趣味のサイトの渡辺竜王との、永世竜王位を
かけた1戦・・・これがハイライトでしょう。

これが楽しみでしょうがありません。

それと、個人的感想ですが、王座戦
99%、羽生名人の防衛かと・・・

木村8段を軽視していませんが、羽生名人の
王座戦の強さは、別格です・・・

5番勝負中、既に2-0で、波乱は無いかと・・・

では、また。

応援お願いします(^^)↓

Extra

FC2ブログランキング

ポチっと一押しお願いします↓

FC2Blog Ranking

プロフィール

日常文学

Author:日常文学
地方在住、40代中年男の日常です。
PC,競輪、ゲーム、パチスロ等、幅広く書いていきます。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。